スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-2012 UEFACLGL ACミランvsバルセロナ レビュー ~マッシミリアーノ・アッレグリの2つの顔 後編~

    さて、前回のブログでは9月に行われたカンプ・ノウでのバルセロナvsACミランのレビューを行ったわけだが、お互いに出場可能選手状況が変わった11月23日のサンシーロでのACミランvsバルセロナではまた違ったスペクタクルな試合が見られた。
    そこにあったのは、アッレグリが初めて見せた攻撃的なサッカーであった。

    さて、ミランの出場不可選手はアントニオ・カッサーノ、ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーソ(ともに怪我で長期離脱中)であったのに対し、バルセロナの出場不可選手はアンドレス・イニエスタ、アドリアーノ(ともに怪我で離脱中)、ダニエウ・アウヴェス(累積警告による出場停止)であった。

    そんな中、マッシミリアーノ・アッレグリ、ペップ・グアルディオラ両監督の選んだ先発メンバー、ベンチは以下の通り。
    2011.11.23 CLGL ACミランvsバルセロナ スタメン・ベンチ
    フォーメーションは以下の通り。
    2011.11.23 CLGL ACミランvsバルセロナ スタメンフォーメーション
    ACミラン:4-3-1-2
    バルセロナ:3-1-3-3

    この試合では、ミランは戦い方を大きく変えた。
    逆にバルサは出場できる選手の状況から少々の修正を加えただけである。
    ただ、3バックの場合はCBの真ん中で起用されるべきブスケッツがピボーテ(中盤の底)で起用された点は苦し紛れであったかもしれない。


    さて、ミランの戦い方は試合序盤から見られた。
    それが高いバックラインの設定と前線からのハイプレスである。
    1試合目と比べると真逆の戦術変更であった。
    これにより「いつもより」守備的な選手の多いバルセロナはビルドアップで苦労することとなる。
    実際、試合序盤はバルセロナのポゼッションはさほど高くない。
    この中盤でのディフェンスで輝きを放ったのは、奇しくもバルセロナに過去在籍経験のあるマルク・ファン・ボメルである。
    中盤でボールを奪取したこのインテルディトーレは明確な意図のある前線へのビルドアップを行う。
    それがサイドに張ったロビーニョorケヴィン・プリンス・ボアテングへのフィードである。
    純粋なサイドの選手が少ないバルサの3-1-3-3システムの弱点、手薄になったサイドのスペースにパスを配給し、突破、または溜めを作り、ポゼッションを保とうとしたわけである。
    このミランの狙いは成功する。
    前半早い段階ではバルセロナの攻撃を危なげはあるもののシャットダウンしながら互角の展開をキープしたのである。

    その均衡が破れたのは前半18分のことであった、セルドゥ・ケイタからのフィードを右サイドで頑張ってキープしたチアゴ・アルカンタラからセスク、メッシと繋いで、ファーサイドに走りこんだセルドゥ・ケイタへ。
    ケイタが中に折り返し、これがファン・ボメルの足に当たってゴールが入ってしまい、これがバルセロナの先制点となってしまったのである。

    しかし、これでバルセロナの展開となったかと思われた前半19分、左サイドでキープしたイブラヒモビッチからのクロスが流れてファーサイドのプリンス・ボアテングへ。
    ボアテングが折り返したボールはゴール前2mでフリーのロビーニョへ。
    これをロビーニョがまさかの枠外へ。
    残念ながらいつもの外しっぷりを見せて、いつも通り「ダメーニョ(※1)」と化したのであった^^

    ※1 「ダメーニョ」の意味:ドリブル、パス、ポジショニングは良く、守備面でも貢献するが、シュートだけが「ダメーニョ」の意

    そしてすかさず前半20分、アクイラーニからの左へのフィードを受けたセードルフが中に走りこむイブラヒモビッチへ。
    これを落ち着いてイブラヒモビッチがゴールに流し込みミランは同点に成功する。
    雰囲気が悪くなり兼ねない状況下でエースとしての落ち着きを見せるゴールでミランは再び試合の主導権を掴み直す。

    しかし、前半23分、再び試合が動く。
    シャビのパスを右サイドでフリーで受けたセスクの折り返しにメッシが反応する。
    しかし、これはアバテの足にあたりながらクロスバーを叩き、バルサは決めきれない。

    残念だったのが前半29分のことである。
    中盤からのパス繋ぎでペナルティエリア内に飛び込んだシャビが倒れる。
    これにシュタルク主審がPKの判定を下し、さらに抗議をしたネスタにイエローカードが出たのである。
    このシーンの写真がこれ。
    2011.11.23 CLGL ACミランvsバルセロナ シャビのダイブ
    このシーンから見ても明らかなダイブを示しているシーンで与えられたPKをやり直しがあったあげくメッシが決め、バルセロナが勝ち越しに成功する。

    これで勢いに乗ったバルセロナは前半33分、カウンターからビジャがペナルティエリア内左サイドでフリーでボールを受けてシュートするも、アッビアーティの素晴らしいセーブで得点にならない。

    しかし、この得点でポゼッションのバルサ、カウンターのミランの構図が出来上がったことは特筆すべきことであろう。


    後半に入ったミランは開始から1つの修正が加えられる。
    先ほどの大チャンスを外したロビーニョに代えて怪我明けのアレッシャンドレ・パトが投入されたのである。
    引き続き、サイドを起点にパトの飛び出しという更なる武器を使って攻撃せよという意思がはっきり見られる交代だったと言えるだろう。

    後半は中盤での奪い合い、バルサは裏へのボールを出し、飛び出しからチャンスを作るも決めきれず、更にはミランのディフェンスラインを押し下げようと試みるも上手くいかない。
    そんな中迎えた後半9分のことだった。
    前線でこぼれたボールを拾ったケヴィン・プリンス・ボアテングが右サイドで左足の踵でアビダルとの1対1を制し、右足でニアサイドをぶち抜くシュートで同点に再度同点に追いつく。
    この高い身体能力を生かしたファインゴールにはサンシーロのボルテージも最高潮に。

    その後は裏を狙うバルサ、パトの裏への飛び出しとイブラヒモビッチのポストプレーを生かした攻撃という構図になりかけた後半13分のことだった。
    ミラニスタに落胆の時間がやってくる。
    中盤で、セスク、メッシと繋ぎ、ネスタがメッシの対応に出て出来たスペースに走りこんだシャビがそのまま走り勝ち、その狭いパスコースをメッシが通したスルーパスを受けてゴール左隅へ。
    ミランのディフェンスにミスらしいミスはない中で得点を奪ったこの一連の攻撃はさすがバルサと言うべきゴールであった。

    そして、試合は決する。
    後半20分のことであった。
    ミランはネスタが内閉鎖筋という股関節付近の筋肉を負傷し、ダニエレ・ボネーラと交代する。
    これによって、安定的に効果的なバックラインからのビルドアップがなくなってしまい、万事休すであった。

    試合最後にはミランは疲れからかアフターでのファールが増え、ギアを落としながらポゼッションを高めたバルセロナも同様であった。



    【まとめ】
    今回アッレグリが挑戦したのは、ファン・ボメルに守備を任せ、その左右に2人のレジスタを置くことで、量のトランジションサッカーではなく、質のトランジションサッカーでポゼッション高めたいのバルセロナの3バックシステムの弱点であるサイドを突くサッカーであった。
    これはかなりのところまで成功した。
    ただし、この試合ではバルセロナはサイドバックのダニエウ・アウヴェスを出場停止で欠いたことも大きく影響したとも言える。
    しかし、これほどまでに互角に戦えたこと、そして、シャビの「上手な倒れ方」がなければ違う結果になったことを考えると上出来のものであったと胸を張っても良いだろう。

    この2試合で見せたミランのサッカーはバルセロナに対峙する際の戦い方として、1試合目のものは他チームに真似できるものではないが、2試合目のものは真似できるものである。
    大事なのは「効果的な守備」と「効果的なトランジション」である。
    バルセロナにバルセロナと同じポゼッションで対抗するのは難しい。
    しかし、別の戦い方で、別のサッカーで、あるいは「アンチフットボール」では可能となる。
    敗者のファンとして言うならば、クリーンなサッカーで挑み、内容でも結果でもバルサに迫ったミランの戦い方は悪くなかった。
    「また見たい」と思う、スペクタクルな2試合になったのではないだろうか。

    ミラニスタとしてこれだけは言いたい。
    今日の敗戦は必ず次につながる!
    1度の敗戦を勝利に繋げてきたのが我々ミランではないか!
    王者バルサよ!決勝トーナメントでまた会おう!



    もし、おもしろかったという方、参考になったという方、いらっしゃいましたらクリックをお願い致します。

    2011-2012 UEFACLGL バルセロナvsACミラン レビュー ~マッシミリアーノ・アッレグリの2つの顔 前編~

    FCバルセロナ、前年のUEFAチャンピオンズリーグの覇者であり、誰もが世界一と言うこのチームとACミランはグループリーグで戦うこととなった。

    まず、緒戦はバルセロナのホーム、カンプ・ノウ。
    両チームのスタメン・ベンチは以下であった。
    2011.9.14 CLGL バルセロナvsACミラン スタメン
    フォーメーションは以下の通り。
    2011.9.14 CLGL バルセロナvsACミラン スタメンフォーメーション
    バルセロナ:4-3-3(0トップ2シャドー)
    ACミラン:4-3-1-2

    ベンチメンバーは以下である。
    2011.9.14 CLGL バルセロナvsACミラン ベンチ

    この日のミランの戦い方は対バルサの1つ目の形を打ち出す。
    それが極めて低いバックラインの設定である。
    この点については後述で詳細を書く。

    さて、この試合を分析する前にミラニスタにとっては嬉しい1つの事件が起こる。
    それが前半開始早々24秒のパトのゴールである。
    中盤での混戦からパスを受けたパトはセルドゥ・ケイタとマスチェラーノの間を刺す大きな蹴りだしの突破からビクトール・バルデスとの1対1に持ち込み、これを難なくバルサゴールに叩きこんだのである。
    これによって気持ちに余裕ができたミランはアッレグリの戦術を実行に移すこととなる。

    それが極めて低いバックラインの設定である。
    図をまず見ていただこう。
    2011.9.14 CLGL バルセロナvsACミラン ミランの守備
    どんな場所であれバルサがボールを奪取した瞬間にバックラインが下がり、中盤のラインも下がる。
    これにより可能となるのはバルサの1つの形である、2シャドーの選手の飛び出しと中盤の選手の飛び出しのためのスペースを完全に消したのである。
    さらにプレッシングは選手へのアタックではなく、前へのパスコースを切るという手法を用いる。
    この戦術はバルサにポゼッションを与えることを意味する。
    そして、このバルサの1つの武器を封じ込める守備戦術はなかなか簡単にできるわけではない。
    パスコースを消すことは、即ち、リオメル・メッシの個人技との対決が増えるからである。
    現段階においてメッシを止めることができるDFは2人しかいない。
    それが、ミランのCBコンビ、アレッサンドロ・ネスタとチアゴ・シウヴァである。
    サッカー界屈指のこのCBコンビならメッシを止めることができる、そう考えた末、アッレグリはこの守備戦術で戦った。
    そして、それは的中する。
    極めて細かいボールタッチで、緩急を付きながら高速かつ精密なドリブルを繰り出すメッシに対し、特にアレッサンドロ・ネスタの鋭く正確な読みでドリブルをなんとか止めたのである。
    ネスタvsメッシ
    このミランの戦術をを熱狂的なバルセロニスタで知られるヘスス・スアレス氏はワールドサッカーダイジェスト紙上で「旧石器時代に戻ったかのようなカテナチオ」と称しているがこれは的を射ている。
    そして、これを可能にしたのはミランだからであり、ミランでしか不可能であると思われる。

    実際、アタッキングサードまでボールを運んだバルサには選択肢が限られる。
    右サイドに張ったダニエウ・アウヴェスへのパスか、メッシに預けて個人技でこじ開ける方法しかなくなる。
    前半の30分に入った段階で、既にこの一戦はメッシvsミランのディフェンスという様相を呈する。

    ここで「優等生」言われるバルサの選手たちについて一言申し上げるとするならば、決してそんなことはないということである。
    前半33分、右サイドのビジャからダニエウ・アウヴェスに裏へのパスを出したものの、ここはアレッサンドロ・ネスタが先回りし、ゴールラインを割らせたシーンのことである。
    ダニエウ・アウヴェスは押し倒されたネスタに手を差し伸べるかと思いきや、思い切り罵声を浴びせたのである。
    この一連のシーンでネスタは何一つ反則らしきことをしていない。

    そして、このシーンの最中にミランはケヴィン・プリンス・ボアテングが怪我で交代し、マッシモ・アンブロジーニが投入される。
    この交代により、ミランの守勢が決定的となったのである。
    これにより、クラレンス・セードルフがトレクァルティスタに、そして、マッシモ・アンブロジーニがセードルフのいた左のインサイドハーフに入っている。

    話を元に戻すと、前半36分のことである。
    ミランの中盤のラインの前でボールを受けたメッシは、ドリブルでアントニオ・ノチェリーノを抜き、アバテとネスタの間のスペースをかいくぐって見せたのである。
    そして、中に折り返したボールは弱かったせいもあり、チアゴ・シウヴァが届かず、ペドロが押しこむ。
    これでバルサは同点に追いついて見せたのである。

    そして、バルセロナにも不幸が起こる。
    アンドレス・イニエスタの負傷交代である。
    代わって入ったのは、フランセスク・ファブレガスであった。

    さて、迎えた後半50分、バルサに好機が訪れる。
    ショートコーナーからパスを繋ぎ、ブスケッツにボールが渡ったところで、FWの位置からディフェンス参加したカッサーノがこれを倒してしまったのである。
    そのFK、蹴るのはダビド・ビジャ。
    これをゴール左隅に決め、バルサは逆転に成功するのである。

    そして、このゲームを象徴するシーンが訪れる。
    後半20分、2ラインの間でボールを受けたメッシがすかさずドリブルを仕掛ける。
    これに対応するのは、アレッサンドロ・ネスタ。
    この対戦はメッシがシュートモーションに入ったところで、きれいにボールにネスタがタックルを入れ、ゴールラインを割ったのである。
    (上の写真がそのときの模様。)
    メッシはピッチを叩いて悔しがったが、表情にはセーフティーな「勝負」があったことからの笑みが見られた。
    さて、この「勝負」にはすぐに続きがやってきて、次の対戦ではネスタにイエローカードが提示された。
    さらにその後も「勝負」は続くが、この世界最高のプレーヤーと世界最高のディフェンダーの勝負こそスペクタクルな勝負であったと言えるだろう。
    クリーンな勝負であったことも好印象であった。

    さて、試合はその後もバルセロナペースで進んだ。
    ポゼッションするバルセロナ、ミランは跳ね返すので精いっぱいだった。
    攻撃はパトの裏への飛び出しを狙ったシンプルなものであったが、そこまでが繋がらず、苦戦していた。

    しかし、試合も終了しようかという後半ロスタイム1分を越えた時間、右サイドの繋ぎからノチェリーノが最後まで踏ん張り、コーナーキックを獲得する。
    キッカーはクラレンス・セードルフ。
    それに合わせたのが、この日、ネスタとともにバックラインを支えたチアゴ・シウヴァであった。
    実に後半ロスタイムも1分50秒を越えた時のことであった。

    そして、ロスタイムは3分51秒で試合を終えたのである。



    [まとめ]
    この日はバルサの攻撃を個人技頼みにするアッレグリの戦術があった。
    それはイタリアの伝統的な守備を重視したソリッドな出来であった。
    対してバルサは、「やはりメッシはすごい」の一言に尽きる。
    守備を固くしたミランの組織的ディフェンスを打ち破るその個人技にはその言葉しか見つからない。

    こうして、バルセロナの日本語公式HPによると「世界最強のバルセロナ」と「イタリアの古豪ACミラン」の対決は第2戦へと舞台を移すのであった。



    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村

    UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stleg ACミランvsトッテナム・ホットスパー

    悪夢のような朝だった。

    放送でもお話したので採点のみ。
    ACミラン
    アッビアーティ 5.5
    (→アメリア 5.5)
    アバーテ 6.0
    ネスタ 6.0
    イェペス 5.0
    アントニーニ 4.5
    チアゴ・シウヴァ 5.0
    ガットゥーゾ 5.5
    フラミニ 4.5
    セードルフ 5.0
    (→パト 5.5)
    ロビーニョ 5.5
    イブラヒモビッチ 6.0

    トッテナム・ホットスパー
    ゴメス 7.0
    コルルカ 5.5
    (→ウッドゲート 5.5)
    ガラス 6.0
    ドーソン 6.0
    アス=エコト 5.5
    パラシオス 6.5
    サンドロ 5.5
    レノン 7.0
    ピーナール 6.0
    ファン・デル・ファールト 5.5
    (→モドリッチ 5.5)
    クラウチ 6.0

    ≪PREV |

    プロフィール

    ロッソネリ

    Author:ロッソネリ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    おすそ分けのお願い
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。