スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ミランのあるべき道はどこにあるのか。

    ミラニスタをやってきて20年がたとうとしている。
    最初はおぼろげながらであったが、はっきりとミラニスタだと思ってからも10年以上は経つ。
    そんなミラニスタの戯言として読んでいただければ幸いだ。

    ミランはこのままでいいのだろうか。
    見た目の豪快さや華麗なゴールは失っていない。
    こうしたスペクタクル性は失われてないと仮定しても、何かが付き纏う。

    その付き纏うものは何なのだろうか。

    かつての選手と比べるとどうしても心許ないサイドバックにあるのか。
    彼らは守備でのミスが多く、攻撃でも大事なときに適当なクロスに終始する。
    でも、彼らは頑張っていると言える。

    それではピルロがいなくなってからというもの「パス1本で試合を決める」ことができない中盤の選手か。
    しかし、それはアッレグリの戦術を考えると仕方ないものと言える。

    では、ズラタン以外にはそれぞれ欠点のあるフォワードか。
    特にロビーニョの決定機の外しっぷりにはここ最近、ネタも感じなくなりいじる気にもなれないくらいの怒りを覚えるが、シュート以外の働きには一定以上の評価ができる。
    オフ・ザ・ボールの動きは悪くないのだ。

    ならばどうして・・・・・。



    結局は、その付き纏うものはゲームの内容ではないところにある。
    「ミランたるべき真摯さや、紳士な姿勢に欠ける。」
    苛々が募るとすぐに手が出るイブラヒモビッチはその象徴的なシーンである。
    先日のナポリ戦でもロビーニョが決定的な1対1を外した後くらいからその苛々は既に隠しきれなくなっていた。
    同様の苛々を我慢できない選手にはケヴィン・プリンス・ボアテングも挙げられる。

    それだけではない。
    プロフェッショナルファールとはいえ、ミランに来てからも荒々しく削ることを辞めないファン・ボメルもそうだ。
    今は自分が長期離脱することになったが、フラミニも昨年のスパーズ戦でチョルルカに長期離脱の怪我を負わせる両足タックルを見舞っている。

    ミランの選手に汚い選手はいなかったかといえばそうとは言えない。
    もちろんサッカーだからファールをしない選手はいない。
    しかし、何かが違う。

    前に挙げたズラタンとプリンスのような例は論外として、ファールの質も以前よりも悪質化している。
    さらに言うと、上に挙げた選手たちはわかっていないことがある。
    自分で自分を「大事な試合で退場させ」たり、自分で自分を「大事な試合で出れなく」している。
    かつてミランではそんなことはほとんどなかったと記憶している。
    が、今の選手にはそれを平気でしてしまう選手がいる。
    これはそのファールを受けた選手やそのチームに申し訳ないだけでなく、ミランをも苦しめている。
    その自覚はあるのだろうか。

    ミランの選手にはまずミランに真摯であってほしいのだ。
    ミランには脈々と続いてきた伝統があって、その伝統の中で名を残した選手は「少なくともロッソネロのユニフォームを着てプレーしているときは」ミランに真摯に貢献してきた選手だ。
    それが紳士と取られた選手も数多い。
    そんな選手が減ってきている。
    これは悲しいことである。
    どうか、ミランに真摯であってほしい。
    それができない選手はミランには必要がない。
    トロフィーの重みは違うはずだ。

    そう、ベルルスコーニ会長の言う「世界で最も手にしたトロフィーの多いチーム」はそのトロフィーの重みも大きかった。
    大事なのは、その数だけではなく、その重みさえも失われてはならないということではないだろうか。


    いつもお読みいただきありがとうございます。
    もしよければ「1日1クリック」にご協力下さい。
    にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    この記事へのコメント

    ゆべ : 2012/02/10 (金) 01:43:48

    立場を明確にするとしてまず、僕はユベンティーノです。
    感覚的な話になってしまって恐縮なのですが・・・
    ミランはミランにしか歩めない道があると思っています。
    それはユーベにはない優雅さだったり王者たる風格だと思います。
    コッパもセリエも10試合以上残っている中で、お互い敬意も持って
    優勝争いに絡めることを祈っています!!

    ロッソネリ : 2012/02/10 (金) 02:29:33

    >>ゆべさん

    コメントありがとうございます!!
    おっしゃっていただいている意味は非常によくわかります。
    ユーヴェはその伝統ゆえの威厳があるところに道があると思っていて、それがミランではおっしゃるようなものだと思います。
    僕は今年のミランのカンピオナートでの戦いからはそういう空気が薄れてしまっていると思っていて、それが悲しかったりします。

    そうですね。
    でも、今年はユヴェントスにスクデットは取って欲しいなと逆に思うようになってきました。
    ミランはCL出場権が取れれば十分です。苦笑

    ろくごう : 2012/02/10 (金) 12:57:48

    超絶にわかミラニスタですが…ロッソさんのいう「紳士さ」を兼ね備えている選手は、例えば、ネスタやアンブロさんは当てはまらないのでしょうか?はたまた、マルディーニのような圧倒的なキャプテンシーを持つ人材がいないのか育ってないのか…自分にはネスタさんにはその資質があるように見えるのですが…あ、ピルロ様にもその気質は感じていたんですけどね、今は…。うーん。長年のサポからしたら、難しい問題なのかもしれませんね(>_<)

    せと : 2012/02/10 (金) 13:00:11

    絶対的なカピタノの不在もあるかもしれません…

    少なくともピッチの中では「ミランたるべき真摯さ」を保たせていたのはパオロが最後かと。

    きっとパオロがいたらイブラの昨季の二の舞となる先日の愚行はなかったと思います。
    バレージしかり、ミランには代々伝統を体現する圧倒的で絶対的なカピタノの存在があったと思います。

    いまはアンブロさんですが、やはりどうも「スゴミ」は感じません。

    そういった遺伝子の引き継ぎがおこなわれなかったことがミランのクオリティーを下げている一因ではないかと勝手に推察しています。

    ロッソネリ : 2012/02/11 (土) 02:11:17

    >>ろくごうさん

    ありがとうございます。
    ネスタやアンブロさんはもちろんそうです。
    でも、そこで喝を入れる存在はいないんですよね。。。
    もっと苦言を呈しても良いんですよああいう行為には。
    もちろん、選手個々ではいますよ^^

    ロッソネリ : 2012/02/11 (土) 02:13:31

    >>せとさん

    もちろん、チアゴ・シウヴァとかはその真摯さを体現してくれるんですけどね。
    チームメイトのそれにもどんどん喝を入れてほしいですよね。
    チアゴ・シウヴァがそうなってほしいですね。
    ネクストバンディエラとして彼がそうなって欲しいです^^

    アイスの実 : 2012/02/11 (土) 22:41:18

    正直イブラにはあきれました
    毎年毎年大事な時期にエースが退場されちゃ困ります
    イブラがこんな事するなら厳しい様ですが不要にも思えてきます
    パト放出を考える前に、イブラ放出を考えてみては?とも思えるプレーでしたし、やってはいけない行為でした

    ロビーニョに関してはもはや必要ないかと。

    二人そろってPSG、マンC、マラガ辺りでも行ったら?と、思ってしまいました

    リンギオ : 2012/02/13 (月) 13:30:53

    ニコニコでもあなたの解説楽しみにスカパー観ずに、ニコニコみているミラニスタです。
    仰る通りです。ミランに欠けているのは真摯・紳士さってのもありますが、ミランの選手というプライドや自覚が欠け過ぎています。
    昔はそうでなかったです。マルディーニ、バレージ、コスタクルタ、デメトリオの様な素晴らしい精神を持った選手達が欠如しているのは大きいです。
    僕もミラニスタになって14年くらいですが、ここ数年のミランは腐敗している気がします。
    結果も大事ですが、誇りも大切です。僕はロッソネリさんの主張を全面的に支持します。

    ロッソネリ : 2012/02/13 (月) 18:42:03

    >>アイスの実さん

    コメントありがとうございます!!
    そうなんですよね。
    非常に残念な行為でしたね。
    ああいうのがあると愛しきれなくなってしまいます。
    まあ、今後どういった反省を見せるのか、しっかりと見てあげようと思います。

    ロビーニョに関してはプレー面なんですよね。
    ただ、ちょっと。。。苦笑

    ロッソネリ : 2012/02/13 (月) 18:44:24

    >>リンギオさん

    コメントありがとうございます!!
    jミランの選手というプライド・自覚といった面でもおっしゃる通りだと思います。
    ネスタさんとチアゴ・シウヴァがこの最後の砦という感じはしなくもないですね。
    こういったシウヴァのような選手にバンディエラとなってもらって、そのうちにそういった選手が出てきてくれることを切に願います。
    エル・シャーラウィに期待です!!

    ファラオ : 2012/02/13 (月) 22:28:42

    サッカーが詳しくてわかりやすいのでロッソさんの放送見てます!!
    ミランが好きで見てるんですけど
    なんか最近ロッソさんの好きな選手と嫌いな選手の差が激しいような・・・
    この前のウディネ戦見てて
    嫌いな選手の酷評がひどくなってきてきてるなぁと思いました。


    ロッソネリ : 2012/02/14 (火) 11:18:34

    >>ファラオさん

    コメントありがとうございます!!
    それは結構前からかもです。
    気をつけますね。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック


    プロフィール

    ロッソネリ

    Author:ロッソネリ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    おすそ分けのお願い
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。