スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-2012 セリエA 冬のカルチョメルカートまとめ&採点 第2回 ~LからUまで~

    前回に引き続き、今回も2011-2012冬のカルチョメルカートを振り返る。

    (ところどころにあると思われる「ローン移籍」=「レンタル移籍」)

    ●続々と上がった獲得候補に期待も、結局小さくまとまったラツィオ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ラツィオ

    この冬ラツィオは日本を巻き込みメルカートで大きな話題のクラブとなった。
    それが、日本代表の本田圭祐選手の獲得の噂である。
    しかし、実際はその獲得に失敗した。
    挙がった名前はそれだけではない。
    ユヴェントスで冷遇されているセルビア代表サイドアタッカー、ミロシュ・クラシッチもそうだし、ビジャレアルのブラジル人FWニウマールもそうであった。
    しかし、結局は誰ひとりとして獲得できず、最後の最後になんとかアントニオ・カンドレーヴァを獲得するにとどまった。

    逆に放出は多かった。
    ジブリル・シセのクイーンズ・パーク・レンジャーズへの完全移籍本人からのトランスファーリクエストがもとであるようなので、仕方ないであろう。
    しかし、決定力に難があったとは言え、サイドハーフをもこなすジュゼッペ・スクッリのジェノアへのレンタル移籍は決めるに時期尚早だったのではないか。

    そんなラツィオの今冬のメルカートの採点は6.0
    ビッグネームの獲得に失敗したとはいえ、アントニオ・カンドレーヴァというマルチローラーを獲得したことでなんとか体裁は保っており、ここでさらにカンドレーヴァが成長すれば大きな獲得となりうる。


    ●新戦力の見どころは出戻り!?先行きの見えないレッチェ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート レッチェ

    レッチェも降格圏内に沈んでいるがあまり大金を叩けず、パルマからMFマヌエル・ブラージカターニャからMFジェンナーロ・デルヴェッキオを完全移籍で、そして出戻りでFWヴァレリ・ボジノフをレンタルで再獲得するにとどまった。
    逆に、トレクァルティスタのルベン・オリベイラや左サイドの選手ジャメル・メスバをそれぞれフィオレンティーナ、ACミランに引き抜かれた

    そんなレッチェの今冬のメルカートの採点は5.0
    この冬は経験のある実力者で安価な選手を取るという方針があったので獲得した選手はそこそこうなづけるが、獲得の必要性があった左サイドバックの獲得には至れず、右サイドバックのマッシモ・オッドをセンターバックに置いた歪な3バックシステムを敢行せざるを得ない状況となっている。
    どうにか残留を遂げたいところではあるが、厳しい状況は続く。


    ●久々に何がしたかったのか本当にわからなかったACミラン
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ACミラン

    ミランのメルカートの動きのほとんどは「[ミラニスタコラム]ミランに来るべきはカルロス・テベスか、それともマキシ・ロペスか、はたまた.....でお話したとおりである。」

    その後、ドラマがあった。
    1つ目のニュースが、結局、マキシ・ロペスがミランに入団するというものであった。

    そして、ミランはメルカート最終日サンプドリアの主将、元イタリア代表MFアンジェロ・パロンボを取りに行くというニュースが流れる。
    このニュースにミラニスタは大きく喜ぶ。
    彼なら代えが効かないと言われる中盤のアンカー、マルク・ファン・ボメルの控えとしては最適なのではないかと。
    しかし、その喜びはぬかよろこびに終わるだけでなく、落胆がともにやってくる。
    そう。
    来たのはインテルで厄介者扱いされている、ガーナ代表MFサミー・ムンタリであったのだ。
    彼ではボメルの控えは無理だし、前のポジションでも必要かどうかはわからない。

    そんなミランの今冬のメルカートの採点は4.0
    そのムンタリ獲得劇の裏には噂話がある。
    確かに攻撃的MFにフィジカルの強い選手を求めていたミランはムンタリに目を付けていたというが、その獲得にはインテルとのある「口約束」が付いたという。
    その口約束というのが、インテルがムンタリをミランにレンタルで放出する代わりに、ミランはパロンボから手を引きインテルに譲る、というものだったとされている。
    実際、ムンタリの加入決定後、ミランはパロンボから手を引いている。
    真偽は定かではないが、もし本当だとするとミランのフロントは完全に一杯食わされている。。。

    結局のところ、テベスの獲得に躍起となり、最後は判断をも誤ったフロントの責任は本当に大きい。
    近年、良い補強をしてきていたという信用も今回のメルカートで台無しになったと言っても良い。


    ●過密日程でも使わなかった良い選手を整理、取ったのはネクストラベッシ?のナポリ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ナポリ

    この冬のナポリは早くに良い選手を獲得し、後は人員の整理に動いた。
    その獲得選手がウニベルシダ・デ・チリのコパ・スダメリカーナ優勝に貢献し、一躍脚光を浴びていたFWエドゥアルド・バルガスである。
    彼は一部では「ネクスト・ラベッシ」と言われているが、タイプは違う。
    “ポチョ”・ラベッシはドリブル突破が非常に長けたアタッカーであるのに対し、エドゥアルド・バルガスはどちらかというとパスを小刻みに繋ぎながらカットインしフィニッシュに持っていくのが得意なタイプ
    それはこれまでのナポリにはいないタイプのアタッカーで、これからのナポリの攻撃スタイルに新たなオプションをもたらすことになるであろう。
    なお、ナポリには既に「ネクスト・ポチョ」がいる。
    あまり知られていない選手なのでご紹介しておくと、クリスティアン・チャベスという選手がそうだ。
    彼の成長がラベッシの行く末をも左右しうるかもしれないのでこちらも注目していただきたい。

    バルガスの獲得後、ナポリはジュゼッペ・マスカーラを完全移籍で、若手のDFレアンドロ・リナウドをレンタルでノヴァーラに放出している。
    後者は出場機会に恵まれ、成長があればナポリに帰還するのではないか
    そして、メルカート最終日、マリオ・サンターナをチェゼーナにレンタル移籍で放出した。
    こちらはもう帰還はないかもしれない。

    そんなナポリの今冬のメルカートの採点は6.5
    やはり、エドゥアルド・バルガス獲得による攻撃のオプションの増加の価値は大きいと見る。
    まずは彼がセリエに順応することが願われる。


    ●実力者の補強で攻守にレベルアップを計る昇格組唯一の降格圏内ノヴァーラ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ノヴァーラ

    昇格組唯一降格圏内に沈むノヴァーラは経験のある実力者に残留の可能性を見出した。
    ナポリからジュゼッペ・マスカーラを完全移籍で、ジェノアからCFアンドレア・カラッチョロをレンタルで獲得早くもスタメンに据えている。
    さらに若手のCBレアンドロ・リナウドをマスカーラと同じくナポリからこちらはレンタルで獲得し、こちらもスタメンに

    放出で大きいのは期待されてキエーヴォから獲得したグラノチェを決定力不足でレンタル放出したことか。

    そんなノヴァーラの今冬のメルカートの採点は6.0
    はまれば強いがはまらないと弱いノヴァーラにカラッチョロ、マスカーラが加入したことは大きい。
    2人とも前所属先では冷遇されただけに爆発したいと思っているだろう。
    期待は大きい。


    ●夏の失敗を取り戻すため、新守護神の獲得に成功したパレルモ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート パレルモ

    パレルモは毎年のことだが点は取れるが、点も取られる。
    その中、夏にシリグをパリ・サンジェルマンに放出し、GKが心もとなかったが、この冬、怪我の長期離脱から復帰したばかりのエミリアーノ・ヴィヴィアーノをインテルから獲得し、新守護神を得た。

    ただし、またもやチリ代表FWピニーリャを370万ユーロと比較的安値で放出した。

    そんなパレルモの今冬のメルカートの採点は6.0
    こちらはもともと各ポジションの選手層はそこそこ良いのが特徴。
    この選手層であとはまた監督を代えなければいいのだが。。。


    ●またもや冬にインテルからのレンタルや共同保有に過ごすパルマ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート パルマ

    今冬もパルマとインテルの関係は良好だ。
    インテルに来て半年、良いところがなかったブラジル人右サイドバックジョナタンをレンタルで獲得、さらにはレンタル先のレアル・ソシエダで良いところのなかったMFマクドナルド・マリガをレンタルで獲得した。
    また、ローマからはFWステーファノ・オカカをレンタルで獲得している。

    放出はというと、あまり大きなニュースはない。
    ブラージのレッチェ移籍くらいか。

    そんなパルマの今冬のメルカートの採点は6.0
    このチームは若手の好選手をレンタルで獲得してくるのが非常に上手い。
    上に挙げた選手でもジョナタンやマリガはパルマでは十分な働きをするのではないだろうか。
    なお、若手の逸材のブラジル人MFゼ・エドゥアルドは若手育成に定評のあるエンポリにレンタルで放出しており、こちらも成長して帰ってきてくれることに期待だ。


    ●余剰人員の整理と南米に目を向けたローマ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ASローマ

    ローマにとってこの冬最大のニュースは、レジスタとしてセリエでも有数の存在であり続けたダビド・ピサロのマンチェスターシティへの移籍だろう。
    ルイス・エンリケのローマになってからは冷遇されたり、本人が家庭の事情とかでチリに帰国していたりで放出が予想されていただけに既定路線ではあった。
    とはいえ、少しさみしくなるニュースではある。
    さらにはマルコ・ボリエッロをユヴェントスにレンタルで放出しており、余剰人員を整理した形だ。

    逆に補強の目は南米に向いていた。
    まずはフルミネンセから攻撃的MFマルキーニョを獲得している。
    さらにはウルグアイのナシオナルからFWニコ・ロペスを獲得
    こちらはまだ若く、先を見越した補強と言えるだろう。

    そんなローマの今冬のメルカートの採点は6.0
    重要なのは「ネクスト・トッティ」の1人であるジャンルカ・カプラーリをペスカーラにレンタル移籍させたこと。
    彼はずっとトップチームに帯同していたが、ペスカーラという今攻撃で最も勢いのあるセリエBのチームで経験を積ませることで成長を促そうという心づもりか。
    そのペスカーラはズデネク・ゼーマンが監督を務めており、そのゼーマンはトッティを開花させたことでも知られる名将である。
    カプラーリもトッティと同じくゼーマンによって才能が開花するかもしれない


    ●身の丈にあった効果的補強で内容は良いけど勝ちきれないを解消したいシエナ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート シエナ

    昇格組ではアタランタの影に隠れているが、アントニオ・コンテの残した4-2-4システムの流れをくみながら質の高いサッカーを披露しているのがシエナ。
    そのシエナの冬のメルカートの課題は「内容は良いけど勝ちきれない」を解消すること。
    そこで獲得したのがチェゼーナのベテランのアルバニア代表FWエルヨン・ボグダニと、ノヴァーラのMFルイジ・ジョルジであった。
    前者は完全移籍、後者はレンタルでの獲得になっている。

    そんなシエナの今冬のメルカートの採点は5.5
    昇格組であるし、そこまでの補強資金もないためこの補強にとどまったので、仕方がない。
    それにもともと内容は良い。
    ただ、1つだけ惜しいのが獲得間近までこぎつけたACミラン、いやイタリアサッカー界のレジェンド、フィリポ・インザーギの獲得に、インザーギ本人が踏みとどまったこと
    経験値が高く、「出れば何かやってくれる気がする」このベテランの加入によってカライオやデストロの成長を促したかったのであろう。
    悔しい思いはしたが目の付けどころはよかった。


    ●最後に笑うのは結局このチーム!?毎回メルカートでは1人勝ちのウディネーゼ
    2011-2012 冬のカルチョメルカート ウディネーゼ

    このチームはメルカートでの動きが実に巧妙である。
    冬は主力の放出は行わなず、逆に補強が必要なポジションに安価で即戦力となりうる選手を買いながら、保有している若手選手のレンタルの移動などに走る。
    今回の移動もほとんどがその若手選手の動きである。

    ただ、獲得に動いたのは、アフリカネーションズカップでクワドォー・アサモア、ティエリ・ドゥバイ、エマヌエル・アギエマン=バドゥの3選手が抜ける中盤センターのみ。
    ここには、サンテティエンヌからスイス代表でキエーヴォでのプレー経験のあるジェルソン・フェルナンデスユヴェントスで控えに甘んじていたが昨シーズンはナポリで主力だったミケーレ・パツィエンツァを獲得した。
    両者ともにレンタルでの獲得だが、前者には買い取りオプションが付いているあたり、「さすが」である。

    そんなウディネーゼの今冬のメルカートの採点は7.0



    以上でセリエA全チームのメルカートでの動きを振り返った。
    低調なメルカートを過ごしたチームの今後には心配だが、自力でなんとかするチーム、できないチームとあるだろう。
    今後の冬のメルカートで動いた選手の奮起に期待だ。


    いつもお読みいただきありがとうございます。
    もしよければ「1日1クリック」にご協力下さい。
    にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    この記事へのコメント

    管理人のみ通知 :

    トラックバック


    プロフィール

    ロッソネリ

    Author:ロッソネリ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    おすそ分けのお願い
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。