スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ミラニスタコラム]ミランに来るべきはカルロス・テベスか、それともマキシ・ロペスか、はたまた.....

    今日は分析や堅苦しい文章はやめにして、いつも通りの話し言葉で書きます。
    それがこのミラニスタコラムには相応しいと思いますので。

    さて、この冬、ミランはメルカートを疾走していますね。
    まず、怪我人が多いことから、ジェノアに共同保有で武者修行に出していたメルケル君(19歳・トレクァルティスタ&インサイドハーフ)の保有権を買い戻し。
    ジェノアでも非常に良いプレーをしていたので期待の復帰となりました。
    メルケルは若さゆえのプレーの不安定さはあるものの、コンディションが整えば十分にスタメンにおけるほどの実力を持った選手です。

    そして同時に動いたのが左サイドバックの補強です。
    本来であれば昨夏マルセイユからフリーで獲得したナイジェリア代表タイエ・タイウォ(26歳・左サイドバック)で長らく続いていた左サイドバック問題に終止符が打たれたはずだったんですが、結局、フィジカルは通用するものの、判断力・ポジショニングの点でセリエに通用せず、QPRにレンタルで放出されました。
    このオペレーションを遂行中に獲得したのが、レッチェに所属していたアルジェリア代表ジャメル・メスバフ(27歳・左サイドハーフ&左サイドバック)です。
    守備ではファイター系のディフェンスをするタイプで、先日行われたレッチェvsACミラン戦でも重要なディフェンスをしていました。
    攻撃では細かいパスを織り交ぜながらオーバーラップを仕掛けるタイプですので、ミランのサイドバックとしては一般的な選手です。
    こちらも先のタイウォと同様、パワーのあるミドルシュートを打てるので武器となるやもしれません。
    しかし、心配なのはやはり守備面。
    ミランのディフェンスは闇雲にプレッシングするのではなく、組織でしっかりとブロックを形成しながら、カバーリングを駆使して守るのが普通。
    このあたりの細かい組織的ディフェンス戦術にどこまで順応できるのか、不安は無きにしも非ずです。

    そして、本当は最初に動きながらも「まだ」決まっていないのがFWの補強です。
    アントニオ・カッサーノの不慮の離脱によって必要があるのかどうかも微妙ではありながらも、補強に動いた相手がマンチェスターシティの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスです。
    彼の補強に動いた理由は2つ考えられます。
    Ⅰ.FWとしてであればどこでもプレーできるユーティリティー性を持ち、得点力もある上、前線からのプレッシングが非常にうまいこと。
    これはアッレグリによるトランジションサッカー、そして、戦術の1つであるショートカウンターで非常に効果を発揮できるという自信があってのものでしょう。
    Ⅱ.テベスは、所属チームのマンチェスターシティの監督ロベルト・マンチーニとの関係が既に完全に破綻しており、出場もできない&しない状態に陥っており、マンチェスターシティとしても放出は辞さないという構えを既に10月頃から見せていたことにあります。
    こうしたことから「非常に良い選手を安価で取れるなら」という考えもあって、カルロス・テベスに接触したものと思われます。
    既に12月頃から噂になっていましたね。
    そして、「なぜか」カターニャで同じくあまり良い使われ方をしていないアルゼンチン人FWマキシ・ロペスが浮上します。
    さらに、カルロス・テベスの獲得レースは激化します。
    マンチェスターシティのテベス放出に望む条件が干されている選手に対するものとしてはあまりにも法外で手を拱いているうちに、インテルミラノ、パリサンジェルマンが獲得レースに参戦。
    マンチェスターシティの条件を飲まされる形で事態は急転します。
    そこで困ったガッリアーニ副会長は1つのプランを編み出します。
    それがアレッシャンドレ・パトをパリ・サンジェルマンに3500万ユーロで放出し、カルロス・テベスをマンチェスターシティの提示条件通り2500万ユーロで獲得するというもの。
    しかし、これには多くのミラニスタが反対、さらにベルルスコーニ会長が「待った」をかける形でそのプランBは破談となります。
    このあたりから「おかしな話」になっているわけです。
    思い返せば「カッサーノの不慮の離脱に対する補てん」として始まったこのFWの補強の話。
    パトを放出するというのは本末転倒なわけです。
    しかし、ここでもまた「おかしな話」になります。
    それがカルロス・テベス本人による「行きたいのはミランだけだ」発言です。
    つまり、マンチェスターシティとしてはインテルミラノかパリサンジェルマンに売りたいのですが、テベス本人はそれを望まず、ミランに行きたいという事態。
    実際、パリサンジェルマンのオファーを拒絶しています。
    「そこまで言われるとどうしても欲しくなった」というのが今のミランの現状ではないでしょうか。
    マキシ・ロペスとの契約をまとめたのは明らかにマンチェスターシティへの牽制の意味は大きかったと思われます。
    そして、マキシ・ロペスは早くミランに入りたくて仕方がないのか、契約にサインする段階より早くミラノに到着、そしてホテルで首を長くして待っています。
    (ミラニスタとしては嬉しいけど「練習しろよ」とは思いますが。)
    もし、テベスが来ることになったらどうするんだ状態ですよね。
    「可哀想」となるわけですから。
    しかし、テベス>マキシ・ロペスであることは確かです。
    テベスの獲得の可能性は27日まで。
    結果は明日出ます。

    しかし、本当に来るべきはカルロス・テベスなんでしょうか。
    それとも、マキシ・ロペスなんでしょうか。
    ミラニスタの皆さんはどう思われますか?

    僕の答えは「どちらもそこまでする必要がなかった」です。

    カルロス・テベスは年俸面でかなり条件が低くても来てくれるということがわかってからは欲しいとは思いました。
    しかし、移籍金で「意外とケチなマンチェスターシティ」は条件を下げることはありません。
    出しもせず、干している選手から「キッチリと」お金を稼ごうという方針を崩しません。
    それならば取る必要はないのです。

    では、マキシ・ロペスはどうか。
    今となっては「取ってあげないとかわいそう」というだけになってしまった感もあります。
    なぜならばマキシ・ロペスを取ったところで、「どこで使うのか」と考えると場所はありません。

    代えがいなくて困っているポジションは他にもあるのです。
    例えば、アバーテより格段に攻撃力が落ちるボネーラや、左サイドバックから回してくるしかない右サイドバックは控えクラスで良い選手を引っ張って来るべきポジションです。
    さらにはファン・ボメルの控え。
    こちらはカピターノであるマッシモ・アンブロジーニがいますが、彼はインサイドハーフのポジションも兼任しています。
    そのインサイドハーフでも怪我人が続出していますよね。
    アクイラーニが怪我で手術した方が良いところを手術しないというのは、彼の買い取りオプション義務が公式戦25試合出場で発動されるところをまだ20試合しか出ていないことに起因しますが、そういうコンディションの選手を1人の戦力として換算することには無理があります。
    そうすると実際にはクラレンス・セードルフしか中盤で攻撃を組み立てる選手はいません。
    となると、獲得すべき選手は自ずと見えてくるはずです。
    そもそもEU圏外枠に空きはあるけど関係なく、そして所属チームがヨーロッパのコンペティションに出場していないためUEFAチャンピオンズリーグにも問題なく出場できる、そしてセリエに所属しておりミランでも間違いなくフィットできるであろう選手。
    そんな選手は2人しかいません。
    1人はアンドレア・ピルロ。
    この選手は僕も喉から手が出るほど欲しいですが、獲得は現実的ではありませんね。

    では、誰か。
    その選手には、1月26日にバイエルンミュンヘンから700万ユーロのオファーが来たという噂まで出てしまっています。
    ですが、本人はミランに来たいという雰囲気が出てきているとも夏からずっと言われています。

    そう、ミランが「今」取るべきだと僕が思うのはカルロス・テベスではなく、マキシ・ロペスでもなく、フィオレンティーナのカピターノ、イタリア代表リッカルド・モントリーヴォ(27歳・中盤センターならどこでも)


    最終結果はどうなるでしょうか。
    次の「ミラニスタコラム」はそんな冬のメルカート終了後にお届けします。
    次のブログ更新はいつも通り、戦術分析&レビューです^^

    いつもお読みいただきありがとうございます。
    もしよければ「1日1クリック」にご協力下さい。
    にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    この記事へのコメント

    - : 2012/01/27 (金) 14:00:49

    【サッカー】横浜のMF中村俊輔がテレビ番組で決めた“神業FK”が、海外で話題に!★3
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1327099117/

    Nakamura Hits Free Kick Into A Moving Bus
    http://www.youtube.com/watch?v=sdO733POGDY

    おまけ
    Nakamura free-kick vs Manchester United
    http://www.youtube.com/watch?v=q8HIlE3JJSU&feature=related

    - : 2012/01/28 (土) 11:55:28

    セリエの前半戦ベストイレブン&MVPはやらないんですか?

    ロッソネリ : 2012/02/04 (土) 02:47:42

    セリエのベストイレブン&MVP選考会は既にやっています。
    記事化をお待ち下さい><

    管理人のみ通知 :

    トラックバック


    プロフィール

    ロッソネリ

    Author:ロッソネリ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    おすそ分けのお願い
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。