スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「エステルノ(Esterno)」=「サイドハーフ(SH)」

    イタリア語のポジション講座第3回は「エステルノ(Esterno)」について。
    意味は「サイドハーフ(SH)」である。
    もちろん左右の言い分けがある。
    「左サイドハーフ(LSH)」は「エステルノ・シニストロ(Esterno Sinistro)」と言う。
    ここの第一人者はパベル・ネドベドであろう。
    「右サイドハーフ(RSH)」は「エステルノ・デストロ(Esterno Destro)」と言う。
    ここの第一人者はロベルト・ドナドーニであろう。
    ここで求められる能力ははっきりする。
    まずは縦の突破力とクロスなどでの高いパス精度。
    カットインのタイミングの判断能力もそうだろう。
    セリエに限った話ではないだろうが。

    これだけでは短いので、ここで典型的にサイドハーフを使うシステム4-4-2を重用するチームについて。
    セリエにおいて今現在、4-4-2のシステムの牙城と言えるのが、「ビアンコネッロ」の愛称を持つユヴェントスである。
    また、2011年4月現在、「アッズーリ」ことイタリア代表を指揮するプランデッリ監督も元はと言うとこの4-4-2システムの使い手であり、中田英寿さんもプランデッリの下でプレーした際には「エステルノ・デストロ(Esterno Destro)」で起用されていた。
    しかし、この00年代にイタリア人でサイドハーフとして活躍した選手は数少ない。
    この理由は僕にもわからないが、その結果、4-4-2を使用するチームのサイドハーフの多くは外国人選手である。
    また、プランデッリ監督は後々4-4-2システムを使うことを(ほぼ)諦めている。
    現在、ユヴェントスではクラシッチ選手が主に右サイドハーフの選手として異彩を放つ素晴らしいプレーを披露している。
    しかし、左サイドハーフの選手は固まることなく、とっかえひっかえ選手が起用されている。
    今夏、左サイドハーフの選手を獲得することができるのか?
    そして、来年のスタメンには誰が出ているのか?
    来シーズンのユヴェントスの鍵はここにあると思う。



    次回のイタリア語のポジション講座は俗に「ボランチ」「センターハーフ」「ディフェンシブハーフ」と呼ばれるようなポジションの詳細な分類についてです。
    このポジションの分類は詳細かつ多岐に渡っており、整理が難しい。
    ゆえ、文章がかなり長くなると思われます。
    ご了承下さい。



    また、昨日、インテルミラノがサンシーロでシャルケ04に惨敗を喫した。
    セリエ好きの僕としてはライバルチームとはいえ、敗戦にショックを受けました。
    その試合の分析も書きたい。
    (書かないといけない記事が溜まりまくっている。)
    スポンサーサイト

    この記事へのコメント

    - : 2011/04/07 (木) 02:31:28

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ralf2004 : 2011/04/07 (木) 08:42:31

    このブログでは、お久しぶりです。僕も、アズーリサポとしては、イタリア代表にエステルノの不足は、ゆゆしいことだと思います。 ツイッターにも書いたのですが、サイドミッドフィルダーに外人しか置かない文化を破壊しないとだめですね。あれを、やめさせないと。

    僕は、イオン・リテール系列のまいばすけっとという小さいスーパーで働いててですね、そこでイタリア人と知り合うことができて、アズーリの議論をするのです。彼が、言うには、エステルノは、ここ近年要求される運動量が格段に高くなっている。例えば、攻撃にアクセントの高いSMF(ドリブルテクニックや、クロス精度、DFラインの飛び出し等)に、守備の要求までの運動量を、90分やらせるのは、厳しいだろうと。
     しかし、日本代表の松井選手は、90分使われているのか?と思う。個人的には、90分は使わなくても良い、65分、70分ぐらいで変えて、やりくりできっれば良いと思いますが。
     イタリア人の若い世代には、将来的に世界最高峰のSMFになってもおかしくない選手が多いはずです。問題は、セリエAのクラブが、意味なく外国人を使いすぎている。これが、癌ですね。せっかく、スペインと肩並ぶ良い中盤の底がいるのに、もったいないと思います。

    今の、アズーリは、4-4-1-1をやれる4-2-3-1はちょっと厳しいでしょう。個人的には、3-4-1-2が、ぴったりだと思います。しかし、将来的にSMF不在で戦うのは、ちょっと厳しいと思います。ですから、セリエAやBのクラブに、外人の乱獲を徹底的に取り締まるべきです。本来、南米人や東欧人といった外国人と競い合うはずが、そうなっていないから言うのです。
    長文になってすみません。

    ガッピル : 2011/04/07 (木) 19:42:32

    更新おつです。

    少し前まではカモラネージとかいたのにホントいなくなっちゃいましたね。やっぱ国ごとにも時代の流れがあるのではないかと。

    良い選手が決まって同じポジションに重なることは結構見られますからね。やっぱりアンダー世代の育成によるのかな。

    ロッソネリ : 2011/04/09 (土) 02:05:14

    >>ralf2004さん

    サイドハーフ起用システム派ですもんね。
    僕は4-3-1-2派なので今ので良いんですけど、サイドハーフの選手が出てきて欲しいものです。
    国内の選手起用をしてほしいですね!



    >>ガッピルさん

    カモラネージもアルゼンチン系ですしねー。
    どうしても良い選手が出てきても被ってしまうのは、国・リーグの特徴ですね。

    管理人のみ通知 :

    トラックバック


    プロフィール

    ロッソネリ

    Author:ロッソネリ
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    おすそ分けのお願い
    スポンサードリンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。